コロナ禍で外出しにくい

今だからこそ

オンラインを活用して

気軽に工作できる機会を

増やしたい!

①家にいながら工作
②工作の材料は郵送!
③一家族からでもOK
④あなたに合わせた日程調整

     料金    :1家族何人でも2,000円(口座振込,手数料自己負担)​

     日時    :長期休暇期間、土日祝は9:00~21:00いつでも可

             申込フォームから3つの日時の候補を教えてください

  工作内容  A~Cの工作から1つお選びください

 

  所要時間  1時間程度

  申込期限  :希望日時の14日前まで

   諸注意   

・携帯またはパソコンでzoomをインストールしていただく必要があります。

・ハサミやのりなど、特別な工具がなくても簡単にできる工作です。

ご友人家族を誘っての参加も可。ご友人も同じ工作内容と希望日時でお申し込フォーム   からお申込みください。「その他要望欄」に友人との同時参加の旨を記載してください。

・違う種類の工作を1時間に同時で作ることはできませんが、時間を分ける場合は1日に違う種類の工作を行うことができます。その場合は工作ごとに複数回お申込ください。

・小学校低学年以下は必ず親同伴で配信をご覧になってください。

・材料はゆうぱっくで講座日時3日前までに送ります。

・その他ご要望があれば申込フォームに記入ください。

IMG_3032.jpeg

​A

紙コップ手作り風鈴

保育園児 ~小学校高学年

IMG_3039.jpeg

​B

ティッシュ箱ギター

小学校1年  ~小学校6年

DSC08658_edited.jpg

​C

竹鉄砲

小学校3年  ~小学校6年​

 

​申込フォーム

arrow&v

送信ありがとうございました

ガク先生のお話​​
僕が教育ボランティアをしているとき、
小学校高学年くらいの子どもが
包丁の刃の部分を手に持って握ったのです。

子どもが言った一言は
「あの部分を持つのかと思った…」

その子の親は包丁が危ないからといって
包丁を見せない持たせないように徹底していたそうです。

高学年になり自由が増えた中で、初めて包丁を間近にしたのです。

つまり、危ないからといって経験させないのではなく
どのように使ったら便利で、どうしたら危険なのか
自分で考え経験させることが大切なんです。

​「危険」がいけないのではなく
​「危険を知らない」ことがいけない

263752866_208155801485225_236039855860986270_n_edited_edited.png

​ガク先生